ターゲティングメディア

四大マスメディアと呼ばれるテレビ、新聞、雑誌、ラジオへの出稿が下降しつつあるなか、インターネット広告の出稿量は増加をたどっています。

これはインターネットがコミュニケーションツールとしての認知が確立されているひとつの証しであるといわれていますが、もっとも重要な理由に、ウェブサイト(ホームページ)はターゲティングメディアであるということです。

ターゲティングメディアとは、性別や世代を特定して個別に情報を発信したり、双方向のコミュニケーション機能を用いて顧客の意向を尋ねることができるメディアということです。
これは、多くの消費者に向けて同一内容を一斉に届ける四大マスメディアと、もっとも大きく異なる点です。

顧客への情報の提供手段は、その狙いに合わせて適宜使い分ける必要がありますが、顧客満足の向上を狙うなら、顧客とのより密なコミュニケーション展開が可能なウェブサイトが、最も効果的なツールといえます。

ウェブサイトには、広く浅くサービスや商品を告知・販売するというより、一人ひとりの顧客とのつき合いを深めていく役割があります。

その最初の一歩は、積極的に情報を提供していくこと。
自社(自店)のことをよりよく知ってもらい、ブランド力をアップさせることです。

ウェブサイトは顧客に近いツールだけに、戦略が正しければ、それに見合った成果が必ず出ますが、逆もあります。
利用者が企業のウェブサイトに期待を抱いてアクセスしているのにもかかわらず、戦略がないままに漫然と情報を羅列していると、ブランドイメージを損ないかねません。

ユーザーが求めている情報を的確に発信させ、また訪れたくなるウェブサイトであること。
女性をターゲットとするメディア戦略をご提案し、尚且つ形にすることが、Very Well の使命であると考えています。

No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.